×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

グランドスタッフ,英語力

地上係員

空港グランドスタッフになるためには、どういった進路で進めばいいのでしょうか。関連雑誌『月刊エアステージ』などは参考になりますよ。 さて、航空会社や航空関連、空港関連の仕事ですから、国内便でも 外国人客が来ますし、国際線なら来日する外人客への対応ができなければなりません。また海外の空港で働く場合には英語だけではなく、現地語も 話せることが必要になるでしょうから、バイリンガルだけではなく、三ヶ国語を話せるトライリンガル(トリリンガル)、 四ヶ国語以上話せるマルチリンガルになれると有利でしょうね。 外国語としてはやっぱりまずは、英語は必然です。


大学でも学科は?専門学校では実際にとんなコース? 高校生で、将来の具体的な仕事は「これ」って決めるのは難しいでしようね。 わたしも、漠然と考えていることもせず、これといって何になりたい、なんて考えたこともなかったような高校時代でした。 グランドスタッフになるには、英語力が必要とされます。 なんといっても、空港の受付窓口では、日本人ばかりではありません。 また、特に海外の、日本の航空会社の派遣グランドスタッフだと、絶対に必要です。 将来、グランドスタッフになりたいと思っている人は、高校で、英語通になっているくらいの気迫は必要かと思います。


グランドスタッフとは空港内の地上で受付などをしている人のことです。以前は女性が多かったので、グランドホステスともいいましたね。 そもそも、高校の進路指導の先生が、「グランドスタッフ」といって、ピンとくるかどうか、まずそこから考えましょう。


ほとんどの空港でそうだと思いますが、現地地上係員は航空会社から委託された現地の業者の方がやってます。成田空港や羽田空港、関西国際空港 (関空)などの主要空港は、航空会社の社員や契約社員ですが、地方空港は航空会社社員とは違うことが多いです。 例えば新千歳は新千歳エアポートサービス、中部は名鉄という具合ですね。 そういった、地元の会社に強いパイプのある学校を選んだ方がいいと思います。 ちなみに、航空会社社員か契約社員か、委託業者かでは、収入などの待遇や福利厚生は大きく違うことが多いです。


専門学校では、空港の近く、あるいは、その近隣の主要都市に、そういったコースを設定している学校があります。 インターネットで調べて、資料を請求した方が確実だと思います。


また北海道・千歳に日本航空専門学校というところがあります。 ここは卒業生の、ほとんどが千歳空港内での勤務を始めから想定した学科があり、グランドスタッフのみならず、 機械整備や管制官といったところに就職しているようです。


SponsoredLink

語学学校

グランドスタッフは、グランドホステスとも言われ、「地上のキャビンアテンダント」ともいわれています。 空港の航空券発券や手続きなどを担当する人気の高い仕事です。 搭乗手続き、到着・乗り継ぎの誘導、発券業務、お問い合わせ等の電話応対など、見た目以上に物事への柔軟さや判断力、迅速さが求められる仕事です。 皆さんも、空港窓口でいろいろなトラブルや失敗を経験したことがあると思います。 しかし、グランドスタッフの方々のおかげで、何事もなかったように、無事にしかも親切にやって頂いて、迅速に処理してくれますよね。 様々な、お客様の要望に、どんな状態でも対応できる、柔軟さ賢さというか頭の良さが要求されます。


空港に訪れたお客さまが、最初に言葉を交わす空港の顔となる存在。 既卒(中途)採用を目指して、チャレンジを続ける人も多い人気の高い仕事です。 ただし地上係員の彼女たちは、たとえANA(全日空)やJAL(日本航空)の制服を着ていても、実際は別会社や鉄道系の会社などの社員だったりします。 給与は見た目ほど高くはないようで、、短大卒で月14万円くらいのお給料の会社もあるようです。 勤務時間は、すべてシフト制で勤務が進むそうです。 シフトは、大体4日勤務ー2日休みの繰り返しになるようです。勤務日は前後に、お互いのスタッフの調整などで少しずれることもあります。 羽田や成田、大阪などの航空便の便数の多空港だと、もっと忙しいかもしれません。 一日に3便などの地方空港だと、業務内容や勤務シフトももっと落ち着いているでしょう。


グランドスタッフという空港地上係員の仕事は、基本的に「若い女性」の職場になっています。 募集・求人の応募条件も、年齢に上限があります。新卒者の求人が多いので、結婚のためにやめたあとの再就職は難しいかもしれません。 時間も不規則なので、女性が長い間働き続けるには、家族の理解がないと大変かもしれません。それでも結婚して子供ができても産休取って、 また復帰してがんばっているグランドスタッフの女性社員もいます。


ただしANAは、羽田空港や成田の国際線だけは本社採用だそうで、給与などの待遇はよいようです。「特定地上職」という職種です。 しかしそれ以外の空港では、全日空グループの子会社の契約社員や、地方空港だと総代理店制度で、他の地元の会社が受託をしています。 JALもそうです。手取りで15万弱くらいのようです。地方だと、コネ採用も多いようです。


日航は契約社員だと、時給1,000円だそうです。3年の契約社員として採用とか、5年契約で時給1,200円とかあるうようです。 福利厚生で、無料航空券がもらえたりするようです。


海外インターンシップのメリットで、有給インターンシップ修了後にもチャンスがあります。 グランドスタッフの有給インターンシップは、企業研修という形で通常のグランドスタッフと同じ業務内容を体験していただくプログラムがあります。 インターンシップとはいえ、空港を訪れるお客様からは立派な空港スタッフとみなされる、とてもやりがいのあるプログラムです。


有給インターンシップ合格後の流れとして、 日本国内で十分な英語力が認められ、J1ビザ(交流訪問者ビザ)を取得できる方は、そのままインターンシップがスタートできます。 第三次選考まで合格しグランドスタッフの有給インターンシップの参加が決定された方でも、 英語力が不足していたりJ1ビザでなくF1ビザ(学生ビザ)で渡米する場合は、現地で必要に応じた期間語学学校での勉強が求められます。 その際の学費・生活費は実費になりますので、要注意!!!

TOEIC

グランドスタッフとは、空港内で予約・発券業務、搭乗手続き、荷物の受託、改札業務、空港内インフォメーションなど、様々なサービスを行う職業のことです。 目や体の不自由な人へのケアやサポートを行うこともあります。


一般的に、大学や短大、専門学校以上の新卒者で、TOEICのスコアが660点以上の者が望ましいとされています。 やはり、英語力がものをいう職業ですね。 各航空会社の他にも、グランドスタッフ専門会社・派遣会社などでも毎年採用を行っているため、派遣社員というスタイルで勤務するチャンスもあります。 また、採用条件の一つに、勤務地が空港ですから、通勤時間が90分以内と定められている企業も多いので、応募の際は募集要項をよく確認しましょう。


多くの各航空会社では、大学などを通じてインターンシップ制度を導入しており、実際にグランドスタッフの制服を着用し、 チェックインカウンターやインフォメーションなどで、案内業務を体験することができます。


グランドスタッフは、別名「グランドホステス」とも呼ばれるもので、空港内での予約・発券、搭乗案内、空港内アナウンスなどのサービスを行う人たちのことです。 グランドスタッフは、空港の「顔」となりますので、非常に重要な位置づけに置かれている職種となります。 また、空港内では、様々な国の人と会話をすることになりますので、語学力は必須となり、コミュニケーション能力も必要とされるものとなります。 接客が得意で、社交的、そして機転のきく人でないと、たいへんなことになりますよ。 まずは、関連する学校や職業での、下済みや経験が必要とされるでしょう。


ちなみに、職場恋愛は多い職業のようですね。パイロット訓練生や整備士、パーサーと付き合ったり結婚したりする人も多いです。 でも、仕事はキツイです。接客業ですから、トラブルやクレーム、いろんなお客様とのやり取りが大変です。 雪や台風などで飛行機が遅延や欠航になると、お客様から罵倒されたり、徹夜での作業もかなりありました。また飛行機の出発を、電車やタクシーと 同じように思って、出発ギリギリになるまで出発ゲートに現れない方も多くいます。見た目程格好のいい仕事ではありませんね。 でも、とてもやりがいのある接客業の仕事です。

SponsoredLink


このページのトップにもどる
プライバシーポリシー